Just to be a fluent English speaker

英語ペラペラを目標に普通の主婦が英検1級・TOEIC900点以上・IELTS8.0以上を目指すブログです。

英検準1級二次試験受けてきました

このブログは片田舎のただのパート主婦が英語ペラペラになりたい、という夢を叶えるためとりあえずは英検1級、TOEIC900点以上、IELTS8.0以上を目指したり挫けたりする様子を書いていくブログです。

 

 

こんにちは!はるです。

 

 

表題の通り午前中に英検準1級二次試験を受けてきました。

 

 

 

試験というもの自体がウン十年ぶりなのでなかなか緊張しました。

 

 

 

それといきなりですがクレーム言わせてもらうと試験直前の待機場所である教室外の廊下が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クッ〇暑いんだよ…

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はこちら地方比較的曇りがちで昨日までの猛暑に比べれば気温は低かったはずですが、

 

 

 

湿度が高く不快度数Maxな中、自分の前の3人くらいの面接が終わるのをただじっと座って待たねばならないという苦行…

 

 

 

絶対口が乾くだろうと思ってペットボトルの水を持っていっていた自分を最大限褒めてあげたいです。

 

 

 

あと一番可哀そうだなと思ったのはおそらく学生のバイトであろう試験会場の係員の人たちですよ。あっつい中スーツ姿でさ…

 

 

 

一応協会からなのか会場からなのかお茶の差し入れはあったようですが…

 

 

 

夏場の英検会場バイトは時給3割増しくらいにしてあげてほしいです。(おばちゃん目線)

 

 

 

で、肝心の試験はというと、案の定田舎の会場だからか面接官はどこからどう見ても日本人のおじさんで

 

 

 

話す英語も完璧なA.K.Aジャパニーズイングリッシュだったので、

 

 

 

とっても聞き取りやすかったです。

 

 

 

あとナレーション用に渡される4コマ漫画ですが、今回買っていた過去6回問題集に載ってたものと比べるとクセがないというか…

 

 

 

個人的にはやりやすい問題で助かりました。

 

 

 

ちなみに私が渡されたカードは、

 

 

 

市長が観光客を増やすためにキャンプ場を作ったはいいが、観光客だけじゃなく熊も来ちゃって困ったね!みたいなやつでした。

 

 

 

とにかく要点だけを逃さず時間内に4コマ分叙述する!ということに徹したので

 

 

 

多分結構時間が余って終わったのかな…?1分40秒くらい?(時間制限2分)

 

 

 

面接官のおじさんには苦笑されました笑

 

 

 

続く4問の質問もそこまでcontroversialなものじゃなく、

 

 

 

そりゃあ普通に考えてYesじゃない?

 

 

 

みたいな問題だったように思います。

 

 

 

なんだっけな、

 

 

 

人々はもっとアウトドアで活動すべきですか?

 

 

 

 

企業はもっと従業員に休暇を取らせるべきですか?

 

 

 

 

危険生物について政府はもっと対策を取るべきですか?

 

 

 

みたいな。感じだったかと。

 

 

 

比較的Yesで論理づけしやすい問いだったように思います。

 

 

 

面接官のおじさまが元々そういう人なのか知りませんが、

 

 

 

「ふむふむ」

 

 

 

てうなづいてよく聞いてくれたので、

 

 

 

もう受かった気でいる私です。←

 

 

 

受かったつもりで、英検準1級を取ることについて語ってみたいと思いますが、

 

 

 

「英検って意味あるの?」

 

 

 

的な論説があることも存じておりますが、

 

 

 

超個人的な意見としては、受けてよかったし、受けるために準備したことで

 

 

 

確実に自分の英語力は向上したと思います。

 

 

 

特に面接の練習に関しては、

 

 

 

ストーリーになるように順序立て、かつ絵に描かれていない分も補いつつ叙述する

 

 

 

要点を時間内に掴んで、適切な表現、語彙を選び組み立てる

 

 

 

という練習は実践の英会話にも活かせる英語力を向上させてくれると思いました。

 

 

 

それにとても良いのが一人でもできるということ。

 

 

 

同じ絵でもいろんな言い方を試してみたり、使うフレーズや表現をブラッシュアップしていくうちに、自然と英語が口をついて出てくる瞬間があったりします。

 

 

 

英会話だとどうしても先生と自分の一問一答になったり、よく喋る先生だとただ先生がしゃべってるのを聞いてるだけ、みたいになったりする時間がありますが、

 

 

 

ストーリーを英語で語る

 

 

 

という練習は「英語の口になる」練習にすごくいいなぁと。

 

 

 

これからも自主練に取り入れていきたいなあと思っています。

 

 

 

と、言うわけで準1級をゲットしたからには(まだしてない)

 

 

 

次は1級を目指したいところですが、まだまだ甘いのは重々承知なので、

 

 

 

当面の次の目標はTOEIC900点越えでしょうか。

 

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

Camblyのネイティブ講師に太鼓判を押された話

このブログは片田舎のただのパート主婦が英語ペラペラになりたい、という夢を叶えるためとりあえずは英検1級、TOEIC900点以上、IELTS8.0以上を目指したり挫けたりする様子を書いていくブログです。

 

 

 

こんにちは!はるです。

 

英検準一級一次通過を受けて着々と二次スピーキングテストの準備を進めております。

 

毎日のルーティーンとしてはこんな感じ。

 

夕食後Camblyでネイティブ講師と15分会話

*)直接的な模擬問題はやったりやらなかったり

 

www.cambly.com

 

子どもたちが寝静まってからタブレット

www.woodpeckerlearning.com

音読練習、口を英語の感じにする←

 

あったまってきたところで、過去問を実際に時間を測ってやってみる

 

www.obunsha.co.jp

 

1回目は時間だけ計測、2回目はボイスレコーダーに録音しつつ。

 

英検準一級の二次試験は最初4コマ漫画?を見てのナレーション、その後質問が4問ですが、

 

このナレーションが最初全然制限時間の2分に収まらなかったんですよね。

 

最初対策を始めたときにCamblyの中でprofileにEikenって書いてる人を検索してアドバイス求めたんですが、

 

最初に聞いたtutorがよくなかった…

 

 

 

 

 

「もっと見えてるものを細かく説明せなあかん」

 

 

 

 

 

みたいな感じで言われたので、細かく細かく説明してたら

 

そら時間足らんわ

 

ていう…

 

*)ちなみのそのtutorその後3回目のレッスンを連絡ナシでブッチしてきましてホントcamblyに通報したろかってzqpg…(自主規制)

 

その後テキストの模範解答を読んだり、

 

日本人の英語系Youtuberさんの動画なんかで

 

そこまで詳細な描写は必要なくて、ポイントが掴めてればおけ

 

みたいな話を聞いて

 

なーんだそうなんじゃん。だって2分だもんね。

 

てことでとにかく2分以内に4コマ語り切るぅ!

 

をモットーに頑張ってきました。

 

まあ…

 

英検って日本の試験だもんね

 

そりゃぁ日本人に聞いた方が話は早いわな←

 

 

そして本日ーまた別のtutorにナレーションを聞いてもらったんですが、

 

 

 

 

「You will definitely pass it!」

 

 

 

 

だってさ!ありがとう!!

 

 

ここ最近自分でも

 

woodpeckerのおかげか何とか毎日続けてるvoice journalingのおかげかcambly 15min lesson 7days a weekのおかげか知りませんけど、

 

前よりはスルッと英語が口から出てくるようになったような…

 

 

そんなちょっと自意識過剰になってるところにそんなこと言われたもんだから

 

「やっぱりー?そうだよねー!へっへー」

 

て今の時間までYoutube観て過ごしてしまうっていう…

 

できなくてもモチベは下がるし

 

できててもモチベは下がるし…

 

なんなんでしょうね?

 

というダレトクな心の声をダダ洩れさせただけのブログをお読みいただいた方がいたらありがとうございました!

 

それではまた。

 

 

 

 

英検準一級一次結果発表

このブログは片田舎のただのパート主婦が英語ペラペラになりたい、という夢を叶えるためとりあえずは英検1級、TOEIC900点以上、IELTS8.0以上を目指したり挫けたりする様子を書いていくブログです。

 

こんにちは!はるです。

 

前回の記事の終わりで

 

「英語学習でやってきたこと書きまーす」

 

なんて書いた気がしますが、そういえば今日はこないだ受けた英検一次結果のオンライン発表があったのでそれについて書いときます。

 

 

結果はー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pass!

 

 

 

 

 

 

 

自己採点的にもまあいけるだろうとは思ってましたが、

writingがどの程度取れてるのかはなはだ自信がなかったので若干の不安はありました。

 

案の定readingとlisteningの得点率は88%と86%だったのにひきかえ、

 

writingはなんと

 

 

 

 

 

 

 

 

75%…

 

 

 

 

合格者平均点すらかなーり下回ってるやないかーい…

 

 

これはなかなかショックな結果です。

 

実は試験当日のCamblyのlessonでその日のtutorに書き写してたwritingの回答を添削してもらったんですよね。

 

なんせ15分のレッスン時間なのでそんなに細かくは見てもらえなかったもののlessonの終わりには

 

「Certainly it' s not perfect, but you've done well! You should be proud of it!」

 

 

なんて言ってもらえたもんだから、8割くらいは取れてるかと思ったら英検そんなに甘くなかった…

 

そりゃぁイギリス人(その日のtutor)からしたら

 

「日本人が書いたわりにはよく書けてるんじゃなーい?悪くないと思うよー」

 

みたいな感じだったのかもだけど、英検的には文法間違いとかスペル間違いとかね…

 

いくつかあったからね…しょうがないか!

 

 

気を取り直して二次対策に励みます。

 

 

しゃべるのは苦手ではないものの、いかんせん英検二次で出てくるトピックに興味がなく自分の意見をひねり出すのに一苦労…

 

Camblyのtutorも

 

「It’s difficult even for me!」

 

なんて言うから

 

「そうよねー!」

 

なんて盛り上がっちゃって本来の練習時間がいつもなくなるんだ…

 

一級を目指すためにももっと社会問題に目を向けねばですねー。

 

それではまた。

 

 

 

 

英語学習 私の履歴書

このブログは片田舎のただのパート主婦が英語ペラペラになりたい、という夢を叶えるためとりあえずは英検1級、TOEIC900点以上、IELTS8.0以上を目指したり挫けたりする様子を書いていくブログです。

 

 

こんにちは!はるです。

 

現在アラフォーパート主婦子ども二人夫一人の私ですが、これまでの英語学習歴を書いておきます。

 

高校

地元の公立進学校。英語は好きな方ではあったがズバ抜けて得意だったわけでもない。

一応英検2級までは取得。

 

大学

にもかかわらず一応外国語大学に進学。地元を離れる。

 

大学時代

ネイティブ講師の授業で自分の英語力のなさに愕然とし友人と駅前留学を週2回くらい始める。

2年次には1か月半イギリスへ語学研修。イギリス英語の発音とヨーロッパ人の多さに面食らいほとんど日本人としか関わらず終了。当然英語力の伸びは皆無。

3年次には友人とヨーロッパをバックパックで1ヵ月半くらい旅するものの、友人が英語堪能だったため旅先でのいろいろはほぼ友人まかせ。当然英語力の伸びは皆無。

就職に向けて受けたTOEICの最高スコアは確か800点台後半

 

就職

地元に帰って現在も務めている会社に就職。

たまーに外国顧客とメールのやりとりはするものの、それ以外に英語を使う機会は皆無

 

結婚、出産

仕事は続けているものの家事育児に追われ英語のことなんてすっかり忘れていた。

 

2021年年末

子どもたちに手がかからなくなってきてぽっかりできた自分時間に何をしようと考えたときにふと英語に思い至る。

 

自分が今までやってきたことの中でわかりやすく役立ちそうなもの。

子どもたちにも自信をもって教えられるもの。

 

 

 

 

それって英語じゃね?

 

 

 

 

てことで英語学習を再開。

 

サブ的な目的としては

 

観光客の多い土地柄なので観光ガイドできるかな、とか。

 

あわよくば英語を使った在宅副業とかできたらいいな、とか。

 

ぼんやり考えている。

 

そのためにはわかりやすい資格を取るものいいかな、

 

なんてことで英検1級等もゆくゆく挑戦していくつもりで。

 

 

とまあそんなぼんやりした状態で進めている英語学習なので、

 

たびたびモチベーションは下がります…

 

「これやって何になるんだろうか?」

 

というのは常にある。

 

「絶対〇月までにTOEIC〇点取らないとヤバいんだよ!」

 

みたいな人からしたらちゃんちゃらおかしいだろうし申し訳ないんですが、

 

よく言われることだけど語学って本当に終わりがなくて…

 

 

 

「一生勉強」

 

 

 

 

て言われると

 

「そうだよね!プロの人だって日々勉強してるんだから」

 

と思えるときもあれば

 

果てしがなさ過ぎて愕然としてしまうときもある…

 

 

共感してもらえたら嬉しい。

 

 

次回は英語学習再開にあたってやっているあれこれをもうちょっと詳しく書いてみます。

 

 

 

 

 

英語学習ブログ始めてみんとす

このブログは片田舎のただのパート主婦が英語ペラペラになりたい、という夢を叶えるためとりあえずは英検1級、TOEIC900点以上、IELTS8.0以上を目指したり挫けたりする様子を書いていくブログです。

 

 

こんにちは!はるです。

 

ブログ初投稿します。

 

昨年2021年年末に突如思い立ち、ウン十年前の学生時代ぶりに英語の勉強を再開しました。

 

とりあえず今までやってきたこと。

 

2022年元旦から英語日記→最近ボイスレコーダーに声で吹き込む形に変更して継続中。

 

家事をしながら英語学習系のpodcastやvoicyやyoutubeやNHKBSの番組を聞く。

 

聞いているPodcast一覧

  1. Hapa英会話Podcast→過去回にさかのぼってほぼ毎日聞いている。一時期プレミアムに課金してたけどオンライン英会話にリソース(時間とお金)をスイッチするため終了。
  2. BBC Global news podcast→調子よいときは聞きとれるときもある。
  3. NHK English news→毎朝メイク中にながら聞き
  4. Deep Dive→オスカーボイドの声がかっこよ
  5. All ears English→ためになるが2回分くらい一気に聞くとなんか疲れる

 

2022年第1回の英検準一級を受けた。6月初旬に一次。対策問題集と過去問1冊ずつ買ったものの全部はやってない。

 

仕事の休憩時間等に英語学習アプリを使用。

 

使っている(きた)アプリ一覧

  1. LingoChamp→課金したけど2か月くらいで離脱
  2. スピークバディー→同上
  3. Santa(TOEIC対策アプリ)→スタートダッシュセットが安かったので課金中
  4. 英検公式スタディギア→準一級対策はほぼこれのみ
  5. Redkiwi→たまーに無料範囲で暇つぶし
  6. WordHolic→1ヵ月くらい単語帳を作っていたけど熱が冷めて放置状態

 

オンライン英会話

6月からCamblyのサブスクに課金スタート。

15分週7回のプランで夕食後の時間に毎日予約設定。

レギュラーになれそうなチューターを模索中。

 

てな感じでやってます。

 

今のところは来月に受けることになるであろう

準一級の二次試験(スピーキング)を主に自主練中です。

 

自己採点の結果だと多分一次は通ったと思うんだけど…週明けにオンラインで結果がわかるんだっけな。

 

それではまた。